こども園では乳幼児が集団で長時間生活を共にする場です。
感染症の集団での発症や流行をできるだけ防ぐことはもちろん、
一人一人の子どもが一日快適に生活できることが大切です。
上記の書類を、医師の診断にしたがい、ご記入後提出おねがいします。

くすりの処方・投与などがある場合、
くすり連絡票」のリンクよりプリントアウトし、ご記入後提出おねがいします。
かかりつけの医師、薬剤師の診断にしたがい、くすりの処方・投与についてをご記入ください。
※市販薬は除く(園のしおりをご覧ください。)

体調不良、感染症などにかかった場合、意見書に記載の登園のめやすを参考に
かかりつけの医師の診断にしたがい、医師が記入した意見書の提出をお願いいたします。
意見書・医師用」のリンクよりPDFをプリントアウトし、ご記入後提出をお願いいたします。
感染力のある期間に配慮し、子どもの健康回復状態が集団でのこども園生活が可能な状態となってからの
登園であるようご配慮ください。

◆医師が記入した意見書が必要な感染症◆
<病 名>
麻しん(はしか)、インフルエンザ、風しん、水痘(水ぼうそう)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、
結核、咽頭結膜熱(プール熱)、流行性角結膜炎、百日咳、
腸管出血性大腸菌感染症(O157、O26、O111等)、急性出血性結膜炎、髄膜炎菌性髄膜炎

体調不良、感染症などにかかった場合、登園届に記載の登園のめやすを参考に
かかりつけの医師の診断にしたがい、登園届の提出をお願いいたします。
登園届・保護者用」のリンクよりPDFをプリントアウトし、ご記入後提出をお願いいたします。
感染力のある期間に配慮し、子どもの健康回復状態が集団でのこども園生活が可能な状態となってからの
登園であるようご配慮ください。

◆医師の診断を受け、保護者が記入する登園届が望ましい感染症◆
<病 名>
溶連菌感染症、マイコプラズマ肺炎、手足口病、伝染性紅班(リンゴ病)、
ウィルス性胃腸炎(ノロ・ロタ・アデノウィルス等)
ヘルパンギーナ、RSウィルス感染症、帯状疱疹、突発性発しん

ページトップへ戻る